長岡京市の歯医者 宮地歯科医院よりごあいさつ

 

歯科医師:宮地 秀彦(みやじ ひでひこ)

1605E.png昭和53年の5月に、院長にして私の父である宮地 和彦が、この長岡京市にて当院を開業いたしました。以来40年以上にわたり地域の皆さまを中心として、子どもからお年寄りまで幅広く歯科治療を行っております。

また私、宮地 秀彦は大学を卒業して歯科医師の国家資格を取得後、コンポジットレジン(むし歯の治療に用いられる修復材料)や、それらと歯質との化学的な接着システムに関する研究を20年近く行いながら、将来の歯科医師を目指す学生や研修医たちへの教育・指導と、保存修復治療(虫歯を必要最小限に取り除き、治すこと)や審美的歯科治療(歯を白く美しく、自然な色や形に治し整えること)を中心とした臨床経験を、今日に至るまで積み重ねてまいりました。 

皆さまの歯や口の中に関する様々なお悩みについて、お気軽にご相談ください。

 

略 歴

平成13年 大阪歯科大学 卒業、歯科医師免許を取得
平成18年 大阪歯科大学大学院 修了、博士(歯学)の学位を取得
平成20年 坂根歯科診療所(長岡京市)勤務、大阪歯科大学 非常勤講師を兼任
平成24年 大阪歯科大学 歯科保存学講座 助教、および同大学附属病院 専任医員
平成28年 宮地歯科医院 着任、大阪歯科大学大学院 非常勤講師を兼任

 

所属学会

 

外部講師・校医など